ホリエモンの「多動力」感想

ホリエモンの「多動力」という本を読んでます。

なかなか勇気づけられる本です。

そういや夏に中1の生徒が、小学校のころと違ってあまり積極的に手をあげなくなったと話してました。

そういう年ごろですね。

恥をかくのを恐れる年ごろです。

こうやって人は型にはまっていく。

無難なところに落ち着こうとする。

でも、いの一番に手を挙げる。

馬鹿だと思われるくらいの人が道を切り開く。

小さくまとまろうとしてはいけない。

勇気づけられる本でおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました