昔、M1グランプリに出たときの話

2005年にM1グランプリに出てみました。

3回コンビ名変えて出たんですが9分で1笑いでした。

穴があったら入りたかった・・・

本当に人前で滑ると、裸を見られるより恥ずかしいです。

ここで学んだ教訓はいろいろあります。

それは「やり方とあり方」ではあり方が大事ということ。

同じ話をしても響く人と響かない人がいる。

文字にしたら同じなのに。

不思議ですよね。

これがいわゆる、オーラとか波動ってやつなんだと思います。

自分は文字、文章にして面白ければいいんだと思ってました。

その当時、お笑いやってる人に笑いで大切なのは「演技力」という話を聞かされました。

「演技力?」と私は不思議に感じたんですが、今はわかる気がします。

「やり方じゃなくあり方」に通ずる話だなと自分では感じています。

小難しい話になってしまいました。(いつも)

とにかくチャレンジしてみろってことです!

あの時やってたら今どうなってるだろうとか考えてはいけない!

失敗してもいいんでやってみる。

向いてないなら向いてないことがわかってよかった。

そう思える。

LINE友達追加してくださいね。 追加してもらった方には3つの動画プレゼント! 「甲東中の生徒が5教科で105点上げた方法」 「英語200点中53点からセンター試験で135点取る方法」 「十和田中で238点から325点に伸ばし逆転で三沢高へ合格した方法」
友だち追加
自己変革
sutouをフォローする
明光義塾稲生町教室ブログ
タイトルとURLをコピーしました