ワーク提出しろって言われているんでワークやってます

成績低迷する生徒の言葉として「提出しろって言われているんでやってます」という言葉があります。

実は学校ワークは何だかんだでみんなやっています。

不思議じゃないでしょうか。

テストがうまくいく生徒もうまくいかない生徒も「ワークはやっている」という行動は同じ。

同じ行動なのになんで差が出るの?

本当に不思議です。

これはですね、「何のためにやっているか」の違い、思いが大切ということです。

心の中で持っている理由が違うんです。

「成績上げたい」という理由でやるのと、「いわれたんで」という理由。

目的が違うだけで結果が変わってきます。

これは大人でも思い当たりませんか?

言われてやるのと、目的意識があってやる行動の違い。

見た目には見えないこの目的意識で結果が変わる!

LINE友達追加してくださいね。 追加してもらった方には3つの動画プレゼント! 「甲東中の生徒が5教科で105点上げた方法」 「英語200点中53点からセンター試験で135点取る方法」 「十和田中で238点から325点に伸ばし逆転で三沢高へ合格した方法」
友だち追加
自己変革
sutouをフォローする
明光義塾稲生町教室ブログ
タイトルとURLをコピーしました